Welcome AiinetLLC

当社は複数ECモール福祉用具の販売運営を行っていますが、今回各ストアさんが、簡単に自ストアのEC向けAIチャットボットを作れるようにする 支援ツールを作成してみました。具体的には東急ハンズさんの「コレカモ」みたいに会話の中で商品紹介を行い、 さらに実際にストアに行きたくなるようなオムニチャンネル要素も仕込んだEC向けAIチャットボットが簡単に(10分~約1時間ぐらい)で作れます。

EC向けAIチャットボットの作り方

基本的にユーザローカルさんの人工知能チャットボットに各種APIより抽出したデータを「知識データベース」「会話パターン」として登録することで作成します。以下手順で説明します。 ※事前準備として、人工知能チャットボット、ボットを動かすプラットフォーム(LINE、Facebook、Twitterの何れか)へ登録する必要があります。

  1. Step1(人工知能ボットAPI + YahooショッピングキーワードAPI)
  2. Step2(人工知能ボットAPI + YahooショッピングAPI)
  3. Step2_1(人工知能ボットAPI + 楽天市場API)
  4. Step3(人工知能ボットAPI + Yahooショッピング + まちクエストAPI)
  5. Step4(人工知能ボットAPI + Yahooショッピング + ご当地キャラAPI)

Demoチャットボット(LINE)

DemoだけどDemoじゃないと言うか、前述の通り当社は各モールで複数ストアを運営しているのですが、その一部店舗に対応したチャットボットを作成しました。 ですのでボットがオススメする商品を購入されると実際に商品が届きますので注意してください(当社は大歓迎ですが)

チャットボット登録用リンク

友だち追加

①チャットボット起動画面

ユーザローカルさんのエンジンは普通のお話も優秀です。



②Step1登録キーワードに対する応答

上記Step1で設定したモール内検索頻度が高いキーワードが会話に含まれると応答します。 今回のデモチャットでは「顆粒」「プロテイン」「骨盤」「尿漏れ下着」「パック」「座椅子 姿勢」「血圧計」「失禁パンツ 女性」「加湿器」「カイロ」「ヒップパッド」「湯たんぽ レンジ」「老眼鏡」「血圧計 オムロン」「酵素」「腰ベルト」がキーワードとして設定されています。さすが福祉用具販売店って感じでしょ



③Step1登録キーワードリンク移行

リンクをクリックすると登録キーワードでショップ検索を行った画面に移行します



④Step2登録商品に対する応答

上記Step2で設定した商品キーワードが会話に含まれると応答します。



⑤Step2登録キーワードリンク移行

リンクをクリックすると直接商品画面に移行します



⑥Step3クーポンクイズに対する応答

クーポンが会話に含まれると上記Step3で設定した問題を応答します。



⑦Step3登録クーポンクイズに移行

登録したまちクエストさんのクイズを解いてください。



⑧Step3クーポンクイズ回答に対する応答

クイズ回答するとクーポンリンクを応答します



⑨クーポンリンクに移行

リンクをクリックするとクーポン取得画面に移行します

今後の展開

今回は当社がヤフーショッピングで運営しているストアの一つを対象にDemoチャットボットを作成しましたが、同じチャットボットにEC-CUBE(自社サイト)、楽天市場(当社も1月より出店再開予定で現在準備中)のデータを読み込ませても面白いと思います。そうする事で多店舗展開しているECストアのポータル案内役としての役割をチャットボットが果たすのではと期待しています! ご希望お問い合わせはこちらのページフォームメールから何なりとご連絡してください